ウィング T. ヤンはネリガン オブライアン ペイン法律事務所のパートナーであり、特許弁理士、そして商標弁理士としても登録されております。彼は、弊所の知的財産グループを10年以上もリードしてきました。ウィングは、オタワの地元の顧客、カナダ全土、そして、世界諸国からの顧客の知的財産権の保護に従事しています。ウィングはまた、米国特許商標庁における特許出願業務も行います。

ウィングの専門分野は知的財産法です。国内外の顧客に対する特許、商標、意匠(工業デザイン)、企業秘密の評価や調査などを専門としております。また、ドメイン名の紛争や著作権上の問題に関しても精通しております。ウィングは、他にも使用許諾契約、技術移転、機密保持契約の交渉、準備、管理においても、顧客に頻繁に助言します。

ウィングは顧客の知的財産権の保護するために、知財訴訟、侵害訴訟、侵害訴訟対応、弾劾、詐称通用対策、不正競争、そして信頼行動違反対処等、効果的な代替紛争解決手段を含めた訴訟対応等に関するご相談にも対処しております。

ウィングはインターネットおよびマルチメディア上での著作権、商標、ドメイン名の侵害に関する問題を含む、サイバーメディアにおける知財法上の問題に対する広範な専門知識と経験を持っています。

ウィングは過去に顧客の代表として、2回、チームカナダのアジアへの訪問に参加しました。また、ウィングは、中国の知的財産法、中国の技術移転、東南アジア諸国における知的財産権の権利行使、米国特許法改正、カナダの特許、商標、著作権の慣行、そして、他の多くの裁判例解説など様々なワークショップや執筆論文を発表しました。

ウィングは自分自身を「社交的な人」と表現しています。彼は人々と会い、そして、直接的かつ具体的な方法で、顧客を助けることに生きがいを感じています。彼の顧客が法律のもとで権利を得る資格があり、その権利を確保するために最善を尽くすことを信じています。ウィングはまた、彼の仕事の国際的な性質が好きで、海外のクライアントや同僚と出会う為に、定期的に国際会議に出席します。

ウィングはオフィス外では非常に活動的です。新しい移住民に重点を置いている多くの地域社会団体でのボランティアをはじめ、教会や個人のためのセミナーや講演を行っています。ウィングは自転車に乗ることが好きで、天気が許す限り、過去20年間ほぼ毎日自転車で会社に通勤します。